行政書士で年収1億円は可能か

行政書士の平均年収は、およそ500万円と算出されています。しかしながらも、自分の力量やその後の努力、営業の方法次第では、充分に数値を上げる可能性を秘めている職業が、行政書士でもあります。では、行政書士としての年収において、1億円稼ぐことは出来るのでしょうか。

結論から言えば、1億円という数字は決して不可能ではありません。ただしその場合には、「年収」ではなく、「年商」であることが条件になります。また、1人ではないことも肝心です。ちなみに年収は、実際に自分の手元に入る金額を指すことに対し、年商は総売上高の値になります。

なぜ自分次第で年収を高めることの出来る行政書士であっても、年収1億円が難しいのかというと、これは士業の宿命だとも言えるのです。つまり年収ランキングの上位にいる弁護士であっても、同じ士業の枠組みに存在する限り、条件は行政書士とあまり変わりません。なぜなら士業の場合、その資格の特異性から、するべき業務が限られてきます。たとえ単価が高かったとしても、1つの案件に対して使われる時間と労働力、さらには経費があらかじめ設定されており、自分の心意気だけではいかようにもしがたいわけです。

行政書士に至っては、弁護士やその他の士業よりも、単価が安い傾向にあります。ここから鑑みると、行政書士1人当たりの仕事量の限界は、およそ1000万円~2000万円だと推測出来ます。これ以上の仕事量を希望する場合、確実に補助者の存在が必須となってくるのです。
では行政書士としての認知度と信用を高め、1案件に対する単価を上げれば、たとえ1人であったとしても年収に反映させられるかと言えば、答えは否です。単価を高く設定したとしても、高く出来る業務にはそれなりの時間を要するため、年収1億円相当の量をこなしていくことは不可能に近いでしょう。以上のことから、行政書士には年収を決められる可能性が多分にありますが、1人だけの場合には、いずれ頭打ちになるということを理解しておきましょう。