行政書士の年収の嘘

行政書士の年収は、行政書士を目指す人であれば、誰もが知りたい情報の1つです。書籍やインターネットなどにはその手の情報が氾濫し、一体何が本当なのか、判断がつきかねる場合が多くなっています。安易に情報をうのみにせず、まずは身の回りから考えてみることも有効ではないでしょうか。

その方法として、まず周囲の行政書士の実態を調べてみましょう。すると、大抵は開業などせずに、サラリーマンとして収入を得ている人が多いはずです。平均年収は約500万円と言われる行政書士ですが、これでは納得出来ないのも頷けます。食べていけない資格と言われる所以(ゆえん)は、ここにあります。しかし彼らの場合、行政書士の資格は持っていても、行政書士としての登録をしていない人が多いので、正しくは行政書士とは言えないのです。算出されている平均年収500万円という数値は、ほぼ専業行政書士のものと考えて間違いありません。

行政書士の資格は、言ってみれば商売道具です。この道具を丁寧に磨き上げていくことは、プロとしての専門性を高めることに繋がります。行政書士としての経営に真剣に取り組むことで、開業5年ほどで年収約500万円は、決して不可能な数字ではないのです。結局は各々の力量、努力次第でいかようにもすることが出来ると言えます。

行政書士を専業としている人の1割が、年商約1000万円になっているそうです。行政書士は稼げるという情報は、この事実からきているわけです。大切なことは、あくまで「年商」であることで、それでも経費を差し引いて年収約700万円ほどであるならば、かなりの僥倖(ぎょうこう)のはずです。果たしてサラリーマンで、現在年収を700万円貰っている人はどのぐらい存在するのか、考えれば自ずと答えは明白になるでしょう。

行政書士になれば、年収500万円が保証されるという情報は嘘です。しかしながら、年収700万円以上、または1000万円以上を稼ぎ出せる可能性が、行政書士には多分に秘められているという情報は本当なのです。