司法書士や社会保険労務士とのダブルライセンスが○

行政書士として年収を上げていこうと思っても、「ひとつの資格だけではなかなか上手くいかない」と思い悩むケースもあるでしょう。

それでもあくまで行政書士の専門分野にこだわるのも良いですが、目先を変えるために「ダブルライセンスで年収増を目指す」というのも選択肢のひとつだと思います。

ここでは、行政書士と他資格とのダブルライセンスの例をご紹介することにいたしましょう。



行政書士とのダブルライセンスの好例は「司法書士」と「社会保険労務士」


ダブルライセンスを目指す場合、「どの資格を取得するか」が重要になります。

すでに行政書士として開業し、実務に携わっている場合、新たな資格試験対策のためにあまり時間を割けないといった事情もあるでしょうが、誰でも取得できるような資格に合格しても収入にはつながりません。

行政書士との相乗効果で年収をアップさせたいなら、やはりそれなりの難易度で、仕事につながる資格に目を向けることが必須であると言えます。

こうした観点から、行政書士とのダブルライセンスにオススメなのが「司法書士」と「社会保険労務士」です。

司法書士の場合、行政書士の専門分野である会社設立や相続等を同じく専門としている例が多く、しかも行政書士では行えない登記までを一貫して取り扱えます。

実際、行政書士としてこれらの業務を受注しても、一部の業務を司法書士に依頼することはよくあるでしょう。
あなた自身が行政書士であり司法書士であれば、会社設立や相続に関わるサポートをワンストップで行うことが可能になります。

加えて、社会保険労務士とのダブルライセンスでは、会社設立からその後の労務管理に一貫して携われるようになります。

社会保険労務士資格を取得すれば、労働・社会保険の諸手続きや助成金申請代行、労務相談、就業規則作成等、行政書士とは異なる分野で年収増を狙うことができるでしょう。
行政書士とのダブルライセンスでは、見逃せない選択肢と言えそうです。



とはいえ、ダブルライセンスはそう容易ではない


 

とはいえ、行政書士と何かしらの資格とのダブルライセンスを実現するのは、言葉で言うほど簡単なものではありません。

まず、行政書士として仕事をしながら他の難関資格を取得するのが至難の業です。

現状、資格対策のために十分な時間を確保できるでしょうか?
もちろん、中途半端な対策では不合格になってしまいますから、じっくり時間をかけて必要な対策を継続させる必要があります。

また、いざ2つ以上の資格を取得できたとしても、それらをいかにして仕事に活かしていくかは、アナタの営業手法にかかっています。

行政書士にしろ司法書士や社会保険労務士にしろ、開業するためには初期費用と維持費がかかります
その分を考慮してもプラスにもっていけるほど仕事をとらなければなりませんから、容易なことではないでしょう。

実際、苦労してダブルライセンスを取得しても、それぞれを仕事に活かせず結局ひとつの資格のみに絞る、といったケースも珍しくないようです。
行政書士との相乗効果で年収を上げたいなら、そうならないための工夫を検討する必要がありそうです。